気がつけば

とうとう4月に突入してしまった。

前回「完成させる」と宣言したネームは4連休の2日目に一旦完成し、編集部にFAXまでしたのだが、何度か読み返していくうちにどうしても前半部分のテンポが悪いような気がしてきて、ちょっといじくる事に。

結局修復が完成し、再び編集部にFAXしたのは4連休最終日だった。

おかげで、ここに書く予定だった「パックピクス」の感想も今日まで延びてしまった。なんか、色々と書こうと思ってたのに、殆ど思い出せない(苦笑)

とりあえず、一つだけ確実に言える事は、「かなり面白い」と言う事。

やる事はいたってシンプル「白いキャンバスの上にパックマンを描いて、決められた時間内にきめられた数のモンスターを食べきる」ただこれだけ。

見た目も地味だし、正直自分も遊ぶ前はこの単純作業を楽しめるかどうか自信がなかった。

だが、実際遊んでみてビックリ。ゲーム内に登場する数少ないモンスターやアイテム等に、最大限の工夫と創造性が施されており、それらの要素が絡み合って、常に新鮮なゲーム性を体験させてくれる、多様性のある仕上がりになっているのだ。

パックマンの操作一つをとっても、描く大きさでスピードが変わったり、壁の描く方向で、パックマンの曲がる向きが変わったりと、それだけでいくつかの戦略が生まれてくる。

難易度の上がり方も絶妙。最初はただパックマンを描いてモンスターを食べるだけなのだが(これだけでも実はかなり楽しい)、ステージが進むにつれて行動パターンの違う新しい敵や、新しいアイテム、テクニックが少しずつ登場してきて、その都度それをマスターして、戦略を練らないとクリアーできないようになってくる。これが楽しい。

新しいステージに進むたびに「次は何が登場するのか?」とワクワクしてしまう。この感覚はちょうどファミコン黎明期の面クリア型アクションゲームの楽しさに近いところがある。

と、いうわけで「パックピクス」かなり良かったです。

今までDSのゲームは「マリオ」、「ワリオ」、「大合奏」、「直感ヒトフデ」、「メテオス」と遊んだけど、自分的には「パックピクス」が一番面白かった。一番「DSでしか味わえない楽しさ」を味あわせてくれるゲームだと思う。

唯一の欠点は「見た目が地味」って事かな。本当に地味。どんだけステージが進んでも殆ど変わらない。自分がこのゲームを発売日に買わなかったのも多分このせい。同じ理由で買い控えしてる人はかなりいると思う。もったいないなー。

さて、3週間後には「Nintenndogs」か。どんな感覚が味わえるか非常に楽しみ。

ちなみに明日(4月1日)にさっそく担当編集とこの前送ったネームの打ち合わせだ。アシスタント終わって次の日にもう打ち合わせってのが、なんか時間を無駄にしてなくてイイ感じ。

何もする事の無い日が正直一番ツライ。
[PR]
by ganbaranai | 2005-04-01 03:30 | 思ったこと
<< 昼夜逆転 休み >>




ゲーム、映画、その他、よくある趣味日記です。
by ganbaranai
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
思ったこと
制作日誌
アシスタント日記
未分類
以前の記事
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧